topshowcase1/144 scale

□MS-06 ZAKUU (FG) 

First Work

  今さら、説明するまでもありませんね。ジオンが初めて量産に成功したモビルスーツザクです。その昔、僕が小学生の頃は『ザクU』という名称ではなく、『量産型ザク』と呼ばれていました。それが気がつけば『ザクU』ですよ?昔のザクUって別にありましたよね?MSVか何かで…

 実はこれが、プラモデル返り咲き第一弾でした。大人になって、プラモコーナーに行った時、やっぱりどうしても考えてしまうのは「安くて簡単なプラモで練習してからだな」ってことで選択したプラモでしたが、苦労しました…

 この時は当然「FG」や「PG」なんて分類がわからず、とにかく安くてパーツが少ないプラモ。ってことでの選択だったんですが、これがクセモノ。今考えればわかるんですけど、パーツが少ないってのは、組み立てが簡単な反面、塗りわけが面倒くさい。
 パーツが多いプラモってのは、そのパーツ数ゆえに価格が高くなってしまうかわりに、色違いのパーツ単位で分割されているため、塗装が楽チンなんですね。そんなこと全然知らなかったので、自動車塗装で培ったマスキング技術を駆使して塗り分けたのです。

 エアブラシでのプラモ初塗装のわりには、うまくできたんじゃないかと思っています。ただ、エアブラシでの塗装時に影になってしまう部分がうまく塗れませんでした。ここが反省点ですね。「後ハメ加工」ってのがあるらしいと知るのはこの後のことです。

それから、これも初めてですが、「継ぎ目消し」ってのも初体験。大人になってから「へぇ、タミヤセメントってこうやって使うんだぁ」と関心(笑) 子供の頃に作ったプラモがなぜすぐに大破するのかがわかりました。

1/144 scaleshowcasetop