topshowcasecomputer graphics

□ AMS-119 GEARA-DOGA

ギラドーガです。初めてガンプラ以外でデジラマしてみました。ガンダムの食玩をいろいろ買っていますが、いつも「デジラマにたえられるディテールじゃないよなぁ」と思いながら、デジラマ使用は諦めていたんですが、最近、出るたびに「おお!」と思わせてくれる「アルティメットオペレーションプラス」シリーズが出来が良くて好きです。なので、それで作ってみました。
ただ、それでも食玩独特のゴム質感が出てしまうので、それを抑えるために、ギラドーガ本体にぼかし、シャープをかけて、さらに各箇所の光沢を書き込んでいます。

背景のシチュエーションは、コロニー外のガラスの近く、という設定にしてみたんですけど、わかりますか?コロニーの外壁はどうしようかなぁ、と思ってよくわからずに自分で描きました。もうちょっとリアルな材料が見つかったら、そのうち差し替えるかもしれません。

公開後、mixiで、ぷぅさんからは「ビームや爆発の照り返しがあった方がいい」というアドバイスと、宇宙空間では、空気がないので、遠近でのぼかしが無く、コントラストがあがる、という知識をいただき、さらにpowell師匠にフィギュアやプラモをCGっぽい質感にするテクニックを教えていただきました。
そのアドバイスを受け、ギラドーガ自体に爆発の照り返し、そして彩度の調整、ギラドーガのレイヤーをコピーして乗算で重ねる、などの処置をしてみました。
また、空気のある場所は、遠くのものがぼやける、といったぷぅさんにいただいた知識から、コロニー内の風景をぼかしてみました。
どうでしょうか?自分としては、2人のアドバイスを受けて、よくなった気がするんですけど。。

computer graphicsshowcasetop