topshowcasecomputer graphics

□making of νGUNDAM's CG

デジラマってどんな風に作るの?って人のためにここで簡単にt-hosoの作成方法を紹介します。デジラマは人によって作り方が様々なので、ここでの作り方はあくまでもt-hoso的な作り方だと解釈してください。


基本材料は上記の写真3点。背景画像はフリー素材集から。ガンダム自体はプラモを撮影。完成画像を考えた時にガンダムにはどの方向から光が当たるのかを考えた上で実際にガンダムに照明を当てて撮影します。
背景紙に関しては何でもいいんですけど、合成時の背景と同系色の紙を使うと切り抜いた後のエッジの処理が楽になります。
色紙を使うと、プラモ自身にある程度その色が反射してしまうことも考慮しましょう。

以上の理由から今回はガンダム左後方からのライティング(というか今回は窓から入ってくる自然光)、背景紙は黒にしました。

アプリケーションはPhotoshop7を使用しています。CS2が欲しいなぁ。。。


←まずは主役を切り抜きます。消しゴムツールで綺麗に切り抜く人もいますが、僕は消しゴムツールでのフリーハンド消しが苦手なのでペンツールで輪郭をトレースした後、パスを元に選択範囲を作成し、背景を切り抜きました。
→まずは何も考えずに合成してみます。調整も何もしていないので思い切り浮きまくった合成写真になっていますね。
地球は、カラーバランスと色相彩度を使って青色を鮮やかにした後、レイヤーをコピーして下になっているほうのレイヤーの地球をぼかしてうっすらと光っているような効果を出しています。
星空の写真はレベル補正を使って白んでいた黒がしまるように黒を強くしています。
←宇宙空間にいることを考慮して色のバランスをとっていきます。色調補正のカラーバランスを使ってブルー値とシアン値をあげておき、全体的に青みがかった状態にします。夜空の下にあるものって青っぽくなるでしょ?
→地球からの照り返しを考慮し、地球側からの光が当たる部分を強調していきます。まずはνガンダムを配置したレイヤーをコピーし、上に重ねたほうのレイヤーを使い、地球光のあたらない部分を消しゴムツールで消して行きます。下のνガンダムが表示状態だとわからないので、下のレイヤーは非表示にしておきます。
←上記で作成したレイヤーにカラーバランスをかけて青い光が当たっているように調整していきます。
なんか、これはこれでかっこいいですね。。。今度、これを使って何か作ってみよう。

→非表示にしてあったレイヤーを表示します。どうですか?結構いい感じになってきました。が、まだ上に重ねた地球光のレイヤーのブルーが強すぎます。このままじゃガンダムが青いガンダムになっちゃう。

←下のレイヤーとなじませるために、地球光のレイヤーは「ハードライト」で重ねるようにします。こうすることで、強い光があたっている部分だけを青っぽくしてくれます。
青みがちょうどよくなってきました。
→細かいところもチマチマと手を入れて行きます。
左肩のセンサー部は光っているように見せるためにレイヤーをセンサー部を明るいグリーンで塗りつぶし、レイヤーを2つコピーします。
1つのレイヤーは元のレイヤーの下に配置し、ボカシフィルターをかけて光っている状況を再現。
さらにもう一枚のコピーレイヤーは変形で形を整えた後、不透明度を下げてボディ部への反射を表現します。これにより、「光っている」状況を強調できます。

←同様の方法でファンネルも光らせます。ファンネルだけを元写真からコピーして新規レイヤーに配置します。
さらにファンネルのピンク部分のみを選択して、カラーバランスでピンクを強調。レベル補正で明るさを上げ、明るさコントラストでぐっと明るさとコントラストをあげておきます。
さらに選択範囲を解除し、レイヤーをコピーした後、下にあるレイヤーにぼかしフィルターをかけて光っている表現を行います。

この表現に伴い、ガンダムの背中側には地球光の反射であるブルーの光を反映させましたが、ガンダム前面はこのファンネルのピンクの光が反射しているようにうっすらとピンクが反射している表現をしています。

→他のフリー素材から持ってきたバーナーの火を使ってバーニアの表現を行います。両足の裏、ふくらはぎ、背中のそれぞれの場所に「スクリーン」で配置しておきます。

 

←最終的にレイヤーはこんな感じになります。いやぁ、ずいぶんとたくさんになりました。
レイヤーの扱いがうまい人はもっと上手にまとめると思います。

上記で紹介した内容がほとんどですけど、それ以外にも地球とガンダムの写真の粒子の粗さを整えるために、地球の写真に「ダスト&スクラッチ」フィルターをかけて地球写真のノイズを軽減しています。
逆にガンダム側にノイズを加える方法もあります。

 

computer graphicsshowcasetop